Top > スポーツ

スポーツ

スポーツ一覧

ウルグアイ PK戦制しベスト4

ワールドカップのウルグアイとガーナの戦いがありました。 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第20日の2日、準々決勝がスタートしました。 ウルグアイがガーナにPK戦の末、1-1(PK4-2)で勝ち、4位になった70年大会以来40年ぶりのベスト4となりました。 ガーナはアフリカ勢初の4強進

ウルグアイ PK戦制しベスト4の続きを読む>

ギリシャが逆転でW杯初勝利

ギリシャがワールドカップで初勝利となりました。 1次リーグB組のギリシャ-ナイジェリア戦は17日、ブルームフォンテーンで行われ、1-1の後半26分にギリシャのトロシディスがこぼれ球を押し込み2-1で逆転勝ちしました。 ギリシャは2度目の出場でW杯初勝利となりました。 これで、大敗した韓国、ギリシャ、

ギリシャが逆転でW杯初勝利の続きを読む>

W杯 日本がカメルーン破る

ワールドカップ初戦で、日本が快挙を成し遂げました。 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第4日の14日、1次リーグE組の日本が当地のフリーステート競技場でカメルーンと初戦を行いました。 前半の本田圭佑(CSKAモスクワ)の得点を守りきり、1-0で競り勝ちました。 4大会連続4回目の出場と

W杯 日本がカメルーン破るの続きを読む>

W杯 ドイツが豪州に4-0大勝

ワールドカップが盛り上がっていますが、ドイツが大勝しました。 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第3日は13日に、南アのダーバンなどで1次リーグ3試合が行われ、D組のドイツが4-0でオーストラリアに完勝しました。 流石ですね。

W杯 ドイツが豪州に4-0大勝の続きを読む>

ゴルフのルールってスッゴイね

こんにちは~(^-^ )毎度 初心者のためのゴルフのルールなどが掲載されているサイトもあるもゴルフのルールにはあるよね 他のプレイヤーの人に不愉快な思いをさせるから、プロをよく観察してみたんですよ。 ゴルフのルールについて『 新橋に大型ゴルフショップ-中古クラブ中心の女性専門フロアも /東京総

ゴルフのルールってスッゴイねの続きを読む>

卓球日本女子 メダルが確定

卓球の世界選手権が行われていますが、日本が男女とも準決勝に行きました。 卓球・世界選手権団体戦第6日(28日、モスクワ)女子の準々決勝が行われ、日本女子は北京五輪銅メダルの韓国を3-2で破り、5大会連続のメダルを確定させました。 日本男子も銅メダル以上を確定させており、男女でのメダル獲得が決まりまし

卓球日本女子 メダルが確定の続きを読む>

岡田監督 進退伺は冗談

サッカー日本代表の岡田武史監督は25日、前日に行われた南アフリカW杯への壮行試合を兼ねた韓国代表との試合後、日本サッカー協会の犬飼基昭会長(67)に進退を伺った件について、冗談めかした発言だったと弁明しました。 「投げ出すことはない」と岡田監督は語っていました。 なんていうか、もっとリスクマネジメン

岡田監督 進退伺は冗談の続きを読む>

不動、独走で1年7か月ぶりV

不動裕理さんと言えば、最近の若手が出てくるまでは日本を引っ張っていた賞金女王でしたが、久しぶりに優勝しました。 愛知県にある中京GC石野コースで開催されている、国内女子ツアー第11戦「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の最終日で、11アンダーの単独首位からスタートした不動裕理が、通算13アン

不動、独走で1年7か月ぶりVの続きを読む>

ドジャース黒田が9Kで4勝目

広島からドジャースに移籍して活躍する黒田ですが、好調のようですね。 米大リーグ、ドジャースの黒田博樹が12日に、アリゾナでのダイヤモンドバックス戦に先発登板し、7回1/3を3失点で今季4勝目(1敗)を挙げました。 試合は6-3でドジャースが勝って4連勝となりました。 去年は、怪我などで不調だった黒田

ドジャース黒田が9Kで4勝目の続きを読む>

ダルvs.岩隈 譲らず9回「完封」

ダルビッシュと岩隈は2人とも日本のエースともいえますが、この2人が投げ合いました。 日本ハム・ダルビッシュと楽天・岩隈の今季2度目のエース対決は両者譲らずとなり、ともに9回を"完封"したが打線の援護がなく延長戦にもつれ込みました。 試合は十回、日本ハムが稲葉のサヨナラ打で勝ちました。

ダルvs.岩隈 譲らず9回「完封」の続きを読む>

白鵬 モンゴル稲作普及に一役

白鵬は日本の大相撲の横綱として頑張っていますが、モンゴルでプロジェクトを開始したそうです。 大相撲の横綱・白鵬関が北海道滝川市と協力して、寒冷な母国のモンゴルで稲作の普及を目指す「白鵬米プロジェクト」を来月、スタートさせるそうです。 白鵬関は6月中旬、滝川市の観光大使に就任する予定で、出身地のウラン

白鵬 モンゴル稲作普及に一役の続きを読む>

ダル今季初完封「疲れました」

ダルビッシュが最近あまり調子が良くないですが、完封をしました。 エース・ダルビッシュが今季初完封ということで、これから活躍を見せてくれそうです。 北海道日本ハムvs.埼玉西武が1日、札幌ドームで行われ北海道日本ハムが5対0で勝利し、連勝を3に伸ばしました。 ダルビッシュ有は6安打・4四死球・4奪三振

ダル今季初完封「疲れました」 の続きを読む>

巨人の松本、出場登録抹消

巨人の松本哲也外野手が26日、出場選手登録を抹消されました。 松本は25日の広島戦の4回にショートゴロで一塁へ走った際に左太ももを痛めて途中交代していましたが、試合後、都内の病院で検査を受けた結果、「左太もも裏の筋膜炎」と診断され、大事を取って欠場が決まったそうです。 松本は今季、開幕から不動の2番

巨人の松本、出場登録抹消 の続きを読む>

中村俊輔がW杯でのFKゴールに意欲

サッカー日本代表MF中村俊輔ですが、25日、6月のW杯南アフリカ大会での「夢」として、FKでのゴール奪取に意欲を示しました。 スポンサー契約を結ぶ通信事業会社企画の親子サッカー教室に参加後、「プロ初得点もFKだったし、1番の武器。ちょっと一発決めたい」と語ったそうです。

中村俊輔がW杯でのFKゴールに意欲 の続きを読む>

プロレスラー・フナキがWWE退団

WWEは世界でも人気のプロレス団体ですが、日本人も何人か活躍していますね。 そんな日本人の選手のフナキがWWEを退団したそうです。 「カン・フー・ナキ」のリングネームで世界最大のプロレス団体WWE(入団当時WWF)で活躍するプロレスラーのフナキが現地時間22日、WWEを退団し、WWEが公式サイトで

プロレスラー・フナキがWWE退団の続きを読む>

井岡、人生初ダウンも4連勝

元2階級世界王者・井岡弘樹氏の甥で、WBA世界Lフライ級13位、WBC同級13位の井岡一翔が、3‐0の判定勝利で、プロデビューから4連勝を飾りました。 試合では、プロ初のダウンを喫したものの、井岡会長は試合内容を高く評価していました。 これからは、計画通り年内に世界挑戦させる意向ということで、辰吉丈

井岡、人生初ダウンも4連勝 の続きを読む>

ソフトバンク ペタジーニ獲得発表

ソフトバンクは15日、元巨人のロベルト・ペタジーニ内野手日本復帰をするそうです。 ペタジーンと言えば、ヤクルト、巨人で活躍した選手ですが、年齢も38歳となった今、どのような活躍ができるでしょうか。 王会長が獲得に全力を注いだそうで、背番号は「16」。年俸は4000万円プラス出来高払いとなるそうです。

ソフトバンク ペタジーニ獲得発表 の続きを読む>

スーパーでも南アW杯券販売

南アフリカで行われるワールドカップですが、チケットの売れ行きが不調のようです。 南アフリカで6月に開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)の売れ残りチケット50万枚が、同国のスーパーマーケットでも15日から販売されるそうです。 ワールドカップで空席が目立つなんてことになったら、恥となりますが、経済

スーパーでも南アW杯券販売の続きを読む>

清水5点爆勝で首位キープ!リーグ戦6試合負けなし

J1第6節第2日が行われ、清水は前節、王者・鹿島を下した好調の仙台と対戦しました。 ここでも、っ清水は絶好調ぶりを披露し、5-1と大勝し2連勝、勝ち点14で首位をキープしました。 清水はリーグ戦4勝2分けと6試合負けなしが続いています。 清水には、小野選手が移籍してきており、代表選手も岡崎選手など少

清水5点爆勝で首位キープ!リーグ戦6試合負けなしの続きを読む>

東京六大学野球 斎藤は7回2失点

東京六大学野球春季リーグ戦が10日、神宮球場で開ついに幕しました。 1回戦2試合が行われ、早大が立大に3-2でサヨナラ勝ちし、明大は東大に14-0で大勝した。 早大先発の斎藤は7回2失点で勝敗は付かなかったとのことです。 2失点ということですが、2安打2失点ですから、立教が相手とは言え、調子はまずま

東京六大学野球 斎藤は7回2失点の続きを読む>

元朝青龍の主治医、1億円所得隠し

本田医師と言えば、朝青龍のサッカー騒動で主治医として、有名になりましたが、所得隠し、脱税をしていたそうです。 大相撲の元横綱朝青龍関の主治医を務めた本田昌毅医師(39)と、同氏が代表を務める病院運営会社「ホンダメディカルホールディングス」(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、平成20年までの3

元朝青龍の主治医、1億円所得隠しの続きを読む>

木村拓コーチ父に語った大きな夢

木村拓也内野守備走塁コーチが先日、くも膜下出血でお亡くなりになりましたが、キムタクコーチには、大きな夢があったそうです。 木村拓也内野守備走塁コーチは、19年間の現役生活では"スーパーサブ"として脇役に徹したが、ひそかに抱いていた大きな夢があったのです。 それは、将来は、1度でもいいから、監督をやり

木村拓コーチ父に語った大きな夢の続きを読む>