Top > 美容 > 二重になるマッサージ

二重になるマッサージ

二重になるマッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)のやり方にもさまざまな方法がありますが、ここではまぶたのむくみ(漢字では浮腫みと表記し、「浮腫・ふしゅ」ともいわれます)を解消する方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)と、まぶたに関している余分な脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)を燃焼する方法を御紹介します。

まず、まぶたのむくみ(全身性浮腫と局所性浮腫に分けられるでしょう)を解消する為には、鎖骨(ここが見える服を着ていると健康的な色気を演出できるかもしれないです)を人指し指と中指でさするようにしてから、目尻から目頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)、まぶたの上へとなぞりましょう。

骨の形を確認する事をしながら優しくなぞり、眼球には圧をかけないことが重要です。

目の周辺を指の腹で軽く押して、ツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)刺激するのもオススメでしょうね。

目の周りをマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)、ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)押ししたら、耳の前あたりからフェイスライン、首筋にそって指でさすることをして鎖骨まで流します。

肌を擦ってしまわないようにマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)クリームなどを使用し、指を滑らせるようにされて下さい。

次に、まぶたについているあまった脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過剭に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)を燃焼するという方法とはいっても、目をかっと見開いた状態で、上まぶたを親指の腹で押します。

全体的にまんべんなく押しますが、くれぐれも強く押しすぎないように、また、眼球を押さないように気をつけてください。

顔に向かって垂直に押すのではなくて、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)の方に向かって押し上げる感じでマッサージ(服の上から行うこともありますが、一般的には肌に直接触れて撫でたりさすったりして、血行やリンパの流れを改善します)してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

二重になるマッサージ

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://chibikuri.moo.jp/mt/mt-tb.cgi/549

コメントする

美容

関連エントリー
二重になるマッサージしみについて毎日しみについて考えると